So-net無料ブログ作成
検索選択

血液型と性格に関連なしという解析について。あの幼稚園の実験は。。

血液型と性格の関連性に科学的根拠はないとする
統計学的な解析結果を、九州大の縄田健悟講師が
発表したとのことです。

日米の1万人以上を対象にした意識調査のデータ
を分析したとのことなので、これはまた、おそろしく
根気のいる作業だなと頭が下がる思いです。

ところで、血液型で云々するのは、日本人だけらしいですね。

私はなぜ日本人は血液型で云々するのが好きなのか
のほうにむしろ興味がありますが。

なお、ニュースでは、「A型の人は真面目」「B型は自己中心的」
といった血液型による性格診断は、国内で広く信じられている、
となっていますが、これは事実ではないと思います。

確かにそう思い込んでいる方々がいるのは、事実ですが、
「広く信じられている」ほどでは決してないと思います。

しかし、海外では血液型と性格が関連あるなどほとんど
話題にもならず、かつ、もともと科学的根拠のないことで
あるのに、現実に就職などで影響を受けることがある
わけですから、単純比較で広く信じられているというのも
間違ってはいないのでしょうか。

ただひとつだけ、はっきりしていることがあります。

それは、日本人は血液型の話題が非常に好きであるという
ことです。

もちろん、血液型の話はさほど歴史があるわけではありません。

直接のきっかけは、文筆家の能見正比古さんが、
1971年に「血液型でわかる相性」「血液型人生論」
でブレイクしてベストセラーとなり、マスコミも注目し
血液型による相性など、だれでも興味を持つ話題
が手をかえ品をかえ出現し、当然商業ベースとも
無縁でなく、今日に至っています。

しかし、とはいえ、かくいう私も全く血液型と性格の
関連を信じていないのかと問われると、信じる信じない
ではなく、あたかも風評でまどわされる程度に
ちょっと意識していると答えざるを得ません。
 私自身は、成人してしばらくするまで、
自分がB型であると信じ、周囲にもそういい
かつ、B型であればこうであろうと思うように
行動してきました。

「B型らしく」というのは、例えば場の空気を
読まず自分の思うとおりに行動すること
(通常であれば当然気にすべき事を
無視できること)や、発想の独創性など
にこだわったと思います。

ところが20代の終わりのころだったと
思いますが、ちゃんと調べてみようと思い
検査したらO型でした!

それが判明してから、この話を友人にする
時は、面白おかしく話すように努め、
「実は当時からB型にしては違うよな、
といった違和感を感じていた」などと
話したものです。

結局、私はなんとなく血液型による性格
との関連を信じていたことになります。

今の私は、ともかく血液型での違いを
ある程度あるものと思い、他人の血液型
をかなりの正解率であててきたこともあり、
完全に血液型を無視できるまでには
至っていません。

あの人O型っぽいよね、とか
私よくO型っていわれるんですけど、
A型なんです、とか。。

もしかすると、日本国内で、上記の会話が
一日1万回ぐらいされているかもしれない
ですね。

しかし、血液型は私にとっては、結局は
根拠のない思い込みにすぎなかった
と思っています。

また、あらためて戦国武将の血液型を
調べてみたら、以外なことに圧倒的に
A型が多いですね。

特に織田信長はB型と信じていたのに、
遺髪などからA型で間違いないようです。
これもちょっとショックでした。もしかすると
私と同様にB型と思っていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。


テレビで幼稚園での実験などの番組を
ご覧になったことがある方もいらっしゃると
思います。

私が覚えているのは、血液型別でクラスわけ
をしている幼稚園の話です。

その番組のなかで、食事の場面があり、
血液型別に4人一組で会食させている
ところです。

例えば、

A型のチームは、適度なマナー適度な
話題、食器の扱いも丁寧でした。

B型のチームは、各自が完全にバラバラ、
同じ席のメンバーについてもお互いに
お構いなし。食べ方は雑で、食事が
終わると勝手に離席、といった状態
でした。

これは、やらせ番組なのかも知れないですが、
血液型による教え方(特に園児なので教え方と
いうより、状態の管理のしかたといったほうが
良いかもしれませんが)、を変えてみようという
真面目な取り組みだったかもしれません。

こうして、書いていても自分自身が血液型への
こだわりから抜けきっていないことを感じざるを
得ません。

血液型の話は、話のきっかけを作るためとかには
便利な話題だったかなと思います。

日常生活での抽象的な話を好まない日本人にとって、
会話の糸口や間を持たせるときとか、女性から
その方についての話を聞きたいときなどに、
有効な話題ではあったかなと思います。

しかし実際に血液型の話を好まない方も
多くでてきたし、そろそろ話題にするのは
止めようかなと思っています。

考えてみると、性格はさまざまな要因で
作られているし、生まれた時代や環境に
大きく影響されるはずです。

性格の因子をどう規定するかということも
今後の研究を待つしかないでしょう。

現在の状況をまとめると、

血液型については性格との関連があると
いう根拠は見当たらない。
もちろん、関連がないという根拠もない。

といったところでしょうか。

今回の調査は科学的に関連が否定された
ものではないと思いますので。

ちなみに、性格についてのアンケート回答と
実際の性格の不一致が非常に多くあることは
ご存知ですか?

なので、今回の検証は有益な研究ではありますが、
何かの結論が出たものではないと思っています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © おっこちゃんのトレンドニュース All Rights Reserved.
おっこちゃんのトレンドニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。