So-net無料ブログ作成

で、田中邦衛さんの長女の田中淳子さんてどんな人?

こんにちは、おっこちゃんです。


ずっとブログをさぼっていたけど、これからは気になるニュースに
ビシバシとコメントしていきますね。


まず、今朝気になったことですが・・・。

田中淳子さんのことです。


【ここからヤフーニュースより引用】

俳優、田中邦衛(83)の長女でNHKワシントン支局長の田中淳子記者(51)が
4月4日から、同局のBS1「国際報道2016」(月~金曜午後10時)で
メーンキャスターとなることが明らかになった。

田中記者は上智大外国語学部を卒業後、NHK入局。静岡などを経て、
2013年から同局では女性初のワシントン支局長を務めている。
児林大介アナウンサー(33)が相手役を務める。
田中邦衛は昨秋、妻や次女に見守られながら老人ホームでリハビリ生活中と
週刊誌で報じられた。
昨年5月には代表作「北の国から」のプロデューサーの葬儀にも姿を見せず、
体調面が心配されている。

【引用ここまで】


また、今アメリカの大統領予備選挙が佳境に入っていますが、
田中淳子さんは、前回つまり4年前の現在のオバマ大統領の
選挙のときには、オバマさんにも取材し、記者として良い仕事
をされてきたようです。


で、その田中淳子さんが、4月4日から、NHKのBS1
「国際報道2016」(月~金曜午後10時)で
メーンキャスターとなる発表があり、調べてみると、
なんと、あの有名な田中邦衛さんの長女ではありませんかと
いうことで、つまり、なんだか急に親近感を感じて、
ニュースになっているというわけです。


そして、さらに調べてみると、田中淳子さんのエリートぶり、
優秀さが光り、自分の知り合いやご近所のひとが有名だったと
自慢するのと同じ心理なのだと思います。


確かに、上智を卒業されNHKの地方局から女性で初めて
抜擢されてオーストラリアに飛び、さらにワシントン支局長と
なるというのは、才能と努力がなくてはなしえないことでしょう。


でも、おっこちゃんとしては、日本がまだまだ本当に未開の国なんだな
という認識を新たにしただけです。

まず、女性だから、女性なのに、ということが話題になる時点で、
結局まだまだ男性社会だということを認めていることになります。


田中淳子さんを皮切りに、本社の記者のリストラという背景もありながら、
女性の後輩に道を開いたということはあると思います。
でも、やはり女性の社会進出という観点からすれば、あまりにも
遅れています。


女性が家庭をもち、子供を育てるのに適した環境からは遠いのが実態です。


また、たまたま田中淳子さんの父親が、あの田中邦衛さんだからといって、
だからなんだというのでしょうか。


やさしい顔立ちは確かに似ていると、おっこちゃんも思います。


でも、田中淳子さんの経歴や出自はわかりましたが、どんな人なのかは、
誰も話題にもしません。興味がないのでしょうか。


ましてやジャーナリストです。どのような考え方や意見をもっているか
大事なことだと思うのですが・・・


これでは、明治時代に大日本国憲法が発布されて、内容を全く知らないのに
旗を振って喜んでいたことと全く同じです。


田中淳子さんにも田中邦衛さんも、苦笑いするしかないでしょう。
しずかに見守り、田中淳子さんの、すぐれた国際感覚を届けてほしいと
おっこちゃんは強く思っています。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © おっこちゃんのトレンドニュース All Rights Reserved.
おっこちゃんのトレンドニュース