So-net無料ブログ作成

鴻海のシャープ買収、サムスンとの競争

こんにちは、おっこちゃんです。


ついにきました、鴻海のシャープ買収、
これは予想通りでした。


スマートフォン向けの次世代ディスプレー
「有機ELパネル」のシェアーでは
すでに圧倒的に優位にたっている、サムスンとの
熾烈なマーケットをめぐる争いは激化するでしょう。


つまり、これからは、鴻海とサムスンとの覇権争いであり、
日本企業はリストから外れたというわけです。



ところで、僕が気になっているのは、この
一連の出来事を一般の日本人はどうみているか
ということです。


僕がいっているのは、業界に詳しい人や関係者、
ニュースをよくチェックしたりしていない人が
どんな感想をもっているのかなということです。


僕の想像ですが、シャープといえば、ちょっと前まで
「目のつけどころがシャープです」で大型液晶画面や
太陽光パネルの生産で頑張っている、誰もが知っている
日本の家電メーカーということではないでしょうか。


そして、おそらくですが、シャープの製品を買ったことが
ない日本人はいないと思います。


液晶画面や太陽光パネルを買わなくても、
シャープペンシルを買ったり使ったりしたことがない人は
いないだろうからです。


シャープペンシルとは、シャープを1912年に創業した
早川徳次が、1915年に「早川式繰出鉛筆」を発明。
これがのちにシャープペンシルになり、
シャープという社名の由来にもなっています。


そしてそのシャープは、創業から100年経過し、
台湾で40年前に、裸一貫から創業し、のし上がってきた、
鴻海に買収され、日本の資本でなく再出発と
なったわけです。


もちろん過酷なビジネスの世界です。
何が起こっても不思議ではありません。


しかし、東芝も経営難であるという話も聞きますし、
そこに共通するものがあるように思います。


僕は、結果論みたいですが、なにかこれが自然の
流れのような気がしています。


つまり、シャープも創業から100年経過し、
歳をとってしまった、部分部分で光るものは
あるけれども、体の循環系統が古くなり、
活動が停滞気味になってしまったために、
若返りが必要な状態になったのだと思います。


対して、鴻海はといえば、裸一貫、一代で
気づき上げた超パワフル、ワンマンといわれる
経営者です。


すくなくともトップダウンは徹底していて、無駄なく
組織が動き、社内政治でビジネスが停滞することも
すくないと思われます。


いい悪いの問題ではなく、今回の買収は
起こるべくして起こっていると思います。


僕が国が技術力の流出をおそれて介入しようとしたことに
無駄だなと感じたのも同じ理由からです。
それは、延命処置でしかないだろうからです。


日本だって敗戦の焼け野原から必死で立ち上がってきて、
ここまでの成長をしてきました。


しかし、別におごる平氏になったわけではないですが、
もはや活力がなくなってきてしまいました。


東芝にしても、あれほど創業者の松下幸之助さんが、
絶対にリストラをしない、としていた禁忌も破って
しまいました。


時代とともに変えるべきものはあるでしょうが、
その創業の精神の基になっているものを
変えることは、大きなリスクを取ることだと
僕は思っています。


僕もそうですが、多くの日本人は、
日本の国内にしか目を向けていません。


結果、周囲でなにがおきているのか
わからない状態になり、様々な面で、
周辺国とくらべても遅れていることが
たくさんあることにすら、気づきません。


今回の買収も、むしろ日本企業のメンツのような
ところがやたら出てきて、僕はいい気持ちが
しませんでした。


あるいは、社員の雇用とか、既得権を守れるか
どうかの話が多かったと思います。


この流れは、どこかで断ち切らないと、津波のように
来ていると思いますので、手遅れになります。


真剣に、日本の将来、次世代への引き継ぐ義務を
はたしていかなければいけないと思います。


すくなくとも、既にだいぶ前から、アジアの中心は
日本でも東京でもないことは、肝に銘ずるべきかと
思っています。


内輪もめしている場合ではなく、戦後の焼け野原の
気持ちになり、真剣に議論をつくしていくべきだし、
その議論をつくすための環境を考えていきたいと
思います。


以上、おっこちゃんでした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © おっこちゃんのトレンドニュース All Rights Reserved.
おっこちゃんのトレンドニュース