So-net無料ブログ作成
検索選択
海外ニュース ブログトップ

バングラの少女の樹木男症候群とは

おっこちゃんです。

 

しばらく記事更新をせず浮気をしていましたが、これからは毎日、このブログも更新していきますので、またよろしくお願いいたします。

 

さて、ヤフーニュースによれば、バングラデシュで奇病と言える病気にかかってしまった少女がいるそうです。



それは、ツリーマン(英語でTree Manか)症候群とも呼ばれていて、ツリーマンが樹木男と訳され「樹木男症候群」と、もしかして山男の話かと思ってしまうようなネーミングなのです。



バングラの少女、女性として初めて「樹木男症候群」発症か



ヤフーニュースには記事下にコメント欄があって、言論の自由な空間を作り上げているけれども、そのコメント欄は、ほぼ「かわいそうに」「あんな綺麗な顔なのに」「治ることを祈っている」など同情の声一色であり、あらためて日本人の優しい心にネットでもふれられた気がしました。


スポンサーリンク




みんなで少女の全快を祈りましょう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドナルド・トランプ氏の発言と日本への影響

こんにちは、おっこちゃんです。


このところ、毎日のようにアメリカの大統領選で名前のでてくる、ドナルド・トランプ氏に
ついて、日本でじわり広がる”トランプ大統領”待望論―対米自立か隷属か―というのが
ヤフーニュースにもありました。


ドナルド・トランプ氏といえば、今回の大統領予備選では、イスラム教徒への
人種差別発言があり、イギリスが氏の入国を拒否するなど、
あ、そんな制度があったんだと初めて知ったかたも多いと思います。


ここでは、ドナルド・トランプ氏の発言の本質(どこからその発言は生じているのか)
についてと、もし彼が大統領になった時に、日本への影響や
対応すべきことなどを書いてみたいと思います。


日本人は海の向こうの選挙と思っているので、そもそも大統領選への感心が
薄いわけですが、あのイギリスでの決定のニュースでは、だれしもが、
これでトランプ氏は終わったなと思ったのでは、ないでしょうか。


ところが、終わるどころか、逆に人気はうなぎ登りで、トランプ氏が大統領となる
可能性も現実味を帯びてきました。


そうなると、これまでのドナルド・トランプ氏の
これまでの発言から、日本への影響として、
かなりの懸念事項が出てきています。




主な日本への発言内容は、

1.米軍基地については、もっと日本に金を出させる
 
2.円高をすすめ、またアメリカの製品をもっと買ってもらう

3.海外からの輸入品に関税をかけアメリカの製品を守る

といったことになります。




アメリカ経済は、コンピューター部門など世界をリードしている業界もありますが、
国全体としての産業、生産力などは、かつてのアメリカと比較しても後退は
否めず、税収は深刻な問題になっています。


またトランプ氏もいっているようにグローバル企業がアメリカへの納税を
少なくする動きがあります。


ぼくは、こうした一種のいらだちがアメリカ国民のなかに蔓延しているのは
事実だと思うし、その本音でいいたいところを、ずばっと代わりに、
トランプ氏がいってくれるところが、強い支持を得ている背景にあると思います。


ところで、僕は25年以上も前だったと思いますが、「トランプ自伝」を読んだことがあります。


続き: ビジネスマンとしてのトランプ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

で、田中邦衛さんの長女の田中淳子さんてどんな人?

こんにちは、おっこちゃんです。


ずっとブログをさぼっていたけど、これからは気になるニュースに
ビシバシとコメントしていきますね。


まず、今朝気になったことですが・・・。

田中淳子さんのことです。


【ここからヤフーニュースより引用】

俳優、田中邦衛(83)の長女でNHKワシントン支局長の田中淳子記者(51)が
4月4日から、同局のBS1「国際報道2016」(月~金曜午後10時)で
メーンキャスターとなることが明らかになった。

田中記者は上智大外国語学部を卒業後、NHK入局。静岡などを経て、
2013年から同局では女性初のワシントン支局長を務めている。
児林大介アナウンサー(33)が相手役を務める。
田中邦衛は昨秋、妻や次女に見守られながら老人ホームでリハビリ生活中と
週刊誌で報じられた。
昨年5月には代表作「北の国から」のプロデューサーの葬儀にも姿を見せず、
体調面が心配されている。

【引用ここまで】


また、今アメリカの大統領予備選挙が佳境に入っていますが、
田中淳子さんは、前回つまり4年前の現在のオバマ大統領の
選挙のときには、オバマさんにも取材し、記者として良い仕事
をされてきたようです。


で、その田中淳子さんが、4月4日から、NHKのBS1
「国際報道2016」(月~金曜午後10時)で
メーンキャスターとなる発表があり、調べてみると、
なんと、あの有名な田中邦衛さんの長女ではありませんかと
いうことで、つまり、なんだか急に親近感を感じて、
ニュースになっているというわけです。


そして、さらに調べてみると、田中淳子さんのエリートぶり、
優秀さが光り、自分の知り合いやご近所のひとが有名だったと
自慢するのと同じ心理なのだと思います。


確かに、上智を卒業されNHKの地方局から女性で初めて
抜擢されてオーストラリアに飛び、さらにワシントン支局長と
なるというのは、才能と努力がなくてはなしえないことでしょう。


でも、おっこちゃんとしては、日本がまだまだ本当に未開の国なんだな
という認識を新たにしただけです。

性格差で後進国である日本


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

NFLのウェス・ウェルカーさんがケンタッキーダービーで大勝!100ドル札を配る!

こんにちは。

このところ不安なニュースが多いですね。

そんな中で、有名なフットボール選手がケンタッキーダービーに現れ、大勝して、コンコースを歩きながら、すれ違った客に100ドルを配ったニュースは、ちょっと癒されるものがありました。

NFL(National Football League、アメリカ合衆国で最上位に位置するプロアメリカンフットボールリーグ) 選手のウェス・ウェルカーさんが配ったようですが、警察官に阻止されたので、600ドルぐらいの放出であったとか。

配ったウェス・ウェルカーさんはスターですので、周りも興奮も想像できます。

でもこのニュース、なにか癒されませんか。

競馬で勝って嬉しくて、その興奮と喜びから、見ず知らずの人に札を配るなんて。

私は一度でもやってみたいなと思います。

これだけ有名な選手なので、お金には困ってないような気もしますが。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

千の風になって釜山港へ帰れ!イム・ヒョンジュさんが旅客船沈没事故の追悼寄付で歌う。

あの「千の風になって」が韓国の歌手、イム・ヒョンジュさんが歌い、注目されています。

2006年に秋川雅史さんが歌い、ヒットしたのが有名ですが、東北の大震災の時にも、
よく聞いたように思います。

この曲の作詞・作曲は、新井満さん。

2001年にアメリカ合衆国発祥とされる詩を訳して作曲したそうですが、そのきっかけは、
親友の奥様がなくなり、その葬儀に参列した一人が、この詩を読んで感銘を受けたと
のことです。

死んだ方の墓で悲しみに沈んでいたら、「泣かないでください」「私はそこにいません」
「千の風になってあなたとずっと一緒にいます」

と聞こえてくる。

この、死んで風になって、という死生観は、私にはアメリカ原住民、つまりインディアン
の感覚で、キリスト教的なものではないように思いますが、よくわかりません。

それにしても、この歌は、あまりにも直球すぎて、直球をそのまま、堂々と美しく歌われる
ことには驚きました。

しかも、それが大ヒットする。

日本人って、結構素直で、いいじゃないかって思ったんです。

死んで風になる、という死生観は日本人にはなじみがなかったはずですが、
あたかも、初めから知っているかのように素直に受け入れたわけです。

あ、話が大きくそれてきてしまいました。

私はいまや、日本の国民的な歌といってもよい、この「千の風になって」が、
韓国で歌われ、何かとぎくしゃくしている韓国との関係が、
良くなればと私は思っています。

あれだけ日本人が感銘した、冬のソナタもあります。


親しい人を失った、どうしようもない悲しみに、人間として違いなどありません!



続きを読む


玄松月さん! 北朝鮮でポルノ公開処刑

北朝鮮は怖い国ですね。まるでホラーです。検索上位にあるのは衝撃があったからですかね。

それでこんな報道に何もせず、怖い国だですませてしまうのは違う気がします。

韓国の朝鮮日報によると、金正恩の元交際相手として知られる歌手の玄松月(ヒョン・ソンウォル)さんを含む芸術家らが違法にポルノを制作したとして、20日に銃殺刑となったとのことです。

なんでたったこれだけで?というのが私たち日本人の一般的な考えではないでしょうか。

でも北朝鮮は特別ではなく、日本でもかつて、同じようなことが行われていたとおっしゃる方々も多数いらっしゃることでしょう。

でも、でもです。

とにかく、私たち日本人は、もっと驚きませんか?

続きを読む


タグ:北朝鮮
海外ニュース ブログトップ
Copyright © おっこちゃんのトレンドニュース All Rights Reserved.
おっこちゃんのトレンドニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。