So-net無料ブログ作成

熊の駆除への反対と、かわいそうとの間

こんにちは、おっこちゃんです。


僕はだいぶ前、ブログを始めたばかりだから、2年以上前だとおもいますが、
題材で日本におけるイノシシやシカの駆除について、書きました。


始めたばかりだったので、役所の発表した資料など真面目に読みました。


その時は、イノシシやシカなど、そんなに害獣として困っているなら
なぜ食料にしないのかと思っていました。


ハトなんかもそうですね。


結局、加工の問題であることはわかりました。


で、いろいろと読んでみたりすると、当たり前ではありますが、
人間というのは自然界のおける魔王のごとき存在なんだなと
改めて思います。


実際に、ロケットを飛ばして宇宙にいったり、宇宙を認識したり
しているわけで、当たり前ではありますけど、改めて、
人間は地上の生物界で全くの別物として君臨しているという
事実を認めるべきでしょう。


そこで、駆除への反対と、かわいそうとの意見について、
改めて考えてみたいと思います。


続き: どっちもどっちの意見と思う


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

アクティブシニアとスマートシニアについて


こんにちは。


ぼくが今、漠然と思い描いていることがあります。


それは、アクティブシニアスマートシニアにするために、
何か仕事をしたいということです。

アクティブシニアとは、45歳~60歳ぐらいの、仕事もバリバリこなす
元気なシニアという意味です。


またスマートシニアとは、週に10時間以上、パソコンに向かっているシニアのことで、
知識も能力も意識も高いシニア層を指します。



実は、最近のことなんですが、海外で働いている息子が日本に一時帰国したときに、
家に来るなり言った言葉がずっと気になっていました。



もちろん、彼も20歳ぐらいまではずっと日本にいたわけだし、日本で生まれ、
日本で育ったわけです。



このところ、東南アジアのある国に仕事でいっていたのですが、その彼が、夜、
家に来るために電車に乗って感じたことが、「気味が悪くて気持ち悪くなった」
ということでした。


どういうことかというと、その日は、夜も遅かったし、疲れたサラリーマンや、
少し酔った人たちが乗っていたとは思うのですが、その表情が
すごく暗いというのです。



それに対して彼が今いる国は、貧しいかもしれないが、みんな笑顔で
明るい表情をしているというのです。



ぼくは、これを聞いて、かなりショックを受けました。




そして、これがきっかけで、ぼくは日本を元気にするには、シニアが
元気で楽しくなければならないという信念に変わりました。



シニアビジネスの可能性


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

竹田圭吾さんとデビッド・ボウイさんが亡くなった

竹田圭吾さんとデビット・ボウイさんのご冥福を、
心からお祈り申し上げます。


今日は、2016年1月11日、どんど焼きの日だ。


ことしは暖冬だから、お餅もあまり固くならない気がしますが、
ヒビが入った鏡餅をくずして、縁起物だと思って、おしるこを食べた日々が、
なんだか遠くなっていく気がしてなりません。


そんなことを思い、近所の公園でやっているどんど焼きにもいかず、
縁起物で焼くものもなく、ただ家でじっとしていたら、
とんでもない訃報が飛び込んできた。


竹田圭吾さんとデビッド・ボウイさんが亡くなったという・・・・・


コメンテーターとして、よくテレビに出ていた竹田圭吾さんは、
51歳の若さでなくなったとのこと。


そういえば、この頃、テレビで見ないなと思っていたけれど、
テレビもあまりみない方なので、意識はしていなかった。


ただ甘い感じのマスクと、落ち着いた安定感のある話し方が
印象的であり、感情をあまりださない方だなと思っていた。


それが、51歳の若さで、病気だからしかたないにしても、
あまりにも若い死といっていいと思う。


ひとは、身近な人がなくなるとショックを受けてしまう。


たとえテレビであり、相手は知らない一方通行の関係であっても、
身近なものの変化、喪失には衝撃を受けてしまう。


自分も歳をとるにつれて、年齢での判断はしないように努めている
つもりだけれども、どこかで51歳、若いといと思っている自分が
嫌である。


そもそも、なにをもって若すぎる死というかといえば、全く根拠の
ないことであることがわかる。


ただ、テレビにでたり、著名な方であったりすると、自分自身が
なにもできていない、あせりの気持ちもともなって、
比較してしまうのだろうか。



デビット・ボウイさんも逝ってしまった


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

人間は幻想で生きている

CX97KUHUkAAKlaQ.jpg


こんにちは。


ぼくはお正月を経験しなかった気がしてなりませんが、
皆さまはいかがですか?


いろんなブログやメルマガを読むと、
それぞれ立派なので、
本心から感心してしまう、おっこちゃんです。


でもあのヒロシさんの「毎日ネガティブ」の
日めくりカレンダーもかなり売れてるらしいですね。



立派な中華料理やフランス料理も、
もちろんいいけど、
たまには屋台のラーメンが
食べたくなるようなものでしょうか。



ぼくはずっと貧乏していて、
働けど働けど我が暮らし楽にならず、
といった状態でしたが、10年以上前のある年に、
思い切って宝くじを買った事があります。


ぼくとしては、結構な金額を投じたんですが、
その時は、なんとなく当たる予感があったんです。


購入して結果が出るあいだ、毎日、
宝くじが当たったらやることを考えていました。


すると、その妄想はだんだんとふくらんできて、
妄想→もしかしたらの可能性→確信、と、
変わっていったのです。


でも確信といっても、本心はどこかに、
もしかしたら当たらないのではないかという
思いもありました。


いま考えると、本当におかしな話ですが、
この妄想から確信をなんども何度も
繰り返しているうちに、
本当に当たると信じてしまったのです。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

台風19号の東京のピークが14日の連休あけになりそうな件について

こんにちは。

みなさま連休はどのようにお過ごしでしょうか。

この記事を書いているのは

2014年10月12日の午前ですが、

なんでも、

この3連休、休み明けの14日の午前が

ピークになりそうだとのこと。


あ、このブログは情報提供ではないので、

台風19号の詳しい情報が知りたい方は、

他で見てくださいね。(時間の無駄になりますので)


それにしても、何も、よりによって、このタイミングかって

感じがしますね。


人間は贅沢にできているので、

それじゃ一体いつくればいいのかと、

台風のほうでは思っちゃいますよね。


それにしても、私たち日本人は、

本当に耐えることに強いですね。


私は気が短いほうだなので、

ディズニーランドとか映画とか

レストランとか、とにかく列を作って

待つことが大嫌いです。


大分前になりますが、職場の仲間たちと

ハイキングに言ったときのことですが、

登り終わってちょっと下ったところに、

パノラマ絶景がみえる人気の

レストランにいったんですね。


このレストラン、人気があるだけあって、

すごい行列でした。


その時、思ったのですが、

もし私だけだったら、また親しい友人と

一緒だったりしたら、絶対に入るのを

止めただろうということです。


職場のメンバーが誰一人やめようと

いわなかったので、やむを得ず待ちました。


その時の退屈・苦痛は何年かたった今でも

覚えています。


私のように我慢できない人は、

少数派なんですかね。





台風への私の心構え


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

竹田恒泰さんの家系図をみて思ったこと

竹田恒泰さんの家系図を見ていて
思った、基本あまり関係ない話題を
書きます。

そもそも家系図によって、私たちは
何を期待するのでしょうか。

多くの場合は、先祖がいかにすぐれて
いたか、自分のルーツを知り、
ご先祖様のためにも頑張って
生きていこうとする証を求める
のではないかと思います。

どのような家であっても、
何がしか、偉大な人に
関係していて、そして、
ロマンがありますね。

先日お彼岸だったので、
私は父方、母方双方の
お墓参りをしました。

これまで、全部一日で回ったのは
初めてでしたが、新たな発見も
ありました。

特に、これまであまり意識して
いなかった母方のお墓で発見が
ありました。

父方も、そこそこ古いお墓が
あるのですが、以外にも
母方はもっとずっと古く、
かつ、珍しい磨くとピンクに
なると思われる女性の立派な
墓石があり、驚きました。

私には、その墓石が、
「やっと気がついてくれたのね」
といっているような、恥ずかしい
思いさえしました。

私の場合は、幸いなことに
お墓があることで、先祖が
確認できますが、それが
出来ない方も多くいらっしゃる
だろうと思います。

でも、どんな方であっても、
すばらしい先祖がいることだけは
間違いないと思います。

先祖から受け継がれたものとは


エドはるみさんを誹謗中傷したCAは誰かということですが

5年前にエドはるみさんとトラブルがあった
ANAのCA、その後のCAたちの
″アンハッピー″な座談会、
もしかすると、その出席した匿名の
CAがネット上でエドはるみ許すまじ!
と書き込んだという話になっています。

「お笑い芸人のエド・はるみさんに対する
根拠のない誹謗中傷に対して、
法的措置を講じていく」

エドさんから法的手続きを受任した
最所義一弁護士は9月30日、
所属する港国際法律事務所のサイトで、
宣言されました。

エドさんへのネット上での誹謗中傷が
始まったのは5年前とのことで、
5年間も精神的苦痛を強いられてきた
とのこと。

特にテレビ出演などが激減した
きっかけとエドさんが考えて
いるのが5年前のANAでの
事件です。

空調をめぐるエドさんとCAとの
トラブルで、話としては
エドさんの話と「アンハッピー」な
座談会での話しは全く違います。

【エドさんの話】

エドさんは単に空調の下で
寒いから席を移動させてくれと
いったが、調べたあとに
出来ないと断られた。

しばらくして別のCAに頼んだら
エコノミーに移動させてもらえた。

そこに始めに頼んだCAが
通りかかったので、
「席あったわよ」とエドさんが言った
(これはエドさんも、よけいなことを
したと反省)、

それに対して、CAのかたは、
「はぁ?」とだけ反応。


【アンハッピーな座談会でのCAの話】

同期が体験したんだけど、機内の空調を
止めろって言ってきたんだって。
上空の気温はマイナスなんで「それはできかねます」
と答えたら、「なんでできないのよ!」って大声で怒られて、
さすがにそれは会社に報告書を提出したって言ってた。
世間では評判がいいのに、ショック。

事実は(事実とは何かは別として)、
藪の中(芥川龍之介)といった感じがしますね。

このアンハッピーな座談会ですが、2009年に
行われていて、その数週間後にエドさんへの
誹謗中傷がネットに現れたそうです。

座談会を読めばわかりますが、CAといえども
普通のOLのグチ話となんら変わりません。

会社の古い体質、待遇への不満、
将来性への不満などの話のあと、
お客として利用する芸能人の
噂話(一種の品定め?)になり、
ちょうど中間ぐらいで、エドさんの
話がちょっと出たぐらいです。

とても良くいっている芸能人も
いれば、逆にエドさんよりも悪く
いっている芸能人もいます。

今後の行方はどうなるか


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悪しきマインドコントロールとは、回避するにはどうすればよいか

悪しきマインドコントロールとは、
これを書くきっかけになったのは、
X JAPANのToshlさんの洗脳の
話からです。

マインドコントロールは、いろいろな
方面で研究されてますね。

マインドコントロールが科学であると
すれば、必ずしも悪いことばかりでもなく、
良い利用を考えての研究でもある
ようです。

例えば勉強嫌いな人を自分から
勉強に向かわせるような、
マインドコントロールもあります。

マインドコントロールは対象も目的も
あまりにも多岐にわたるので、
ここでは、悪しきマインドコントロール
とは、ということで、ToshlIさんの
ようなケースがなぜ起こったのか、
防ぐ方法はあるのかについて、
書いてみたいと思います。

よく引き合いに出される例として
オウム真理教や、統一教会など
の事件、今回のToshlIさんの
ケースなどを、
悪しきマインドコントロールの
例とします。

つまり、ある団体や特定の個人の
絶対的な影響下にあって、
自分では気づかず、自分の意思は
もはやない状態になってしまう
ケースで、反社会的であったり
一般には、到底受け入れられない
行為や考えをもってしまった
ケースを悪しきマインドコントロール
をされている状態とします。

なぜ、悪しきマインドコントロール下に
入ってしまうのか、ですが、
これは、防ぐことは難しいように
思います。

たぶん、誰でも始めからその
コントロールする側の組織や
主張を聞いていれば、入る
ことはないように思います。

人間はだれでも弱い面を
もっていて、強い人間とは
そのことを、よく知っている人
かもしれません。

マインドコントロールを企んでいる
人は、親友のような顔をして、
近づいてくることでしょう。

もしかすると、その人の悩んでいる
部分に親友のように親身に相談に
乗ってくれるかもしれません。

悩みがあり、救いを求める。

当然のことですね。

そこに、役者のようにうまく
近づいてくると思います。

では、どうしたら防げるでしょうか。

悪しきマインドコントロールを回避するには


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日航機墜落事故で亡くなった坂本九さん


あの日航機墜落事故から早くも30年になるという。

1985年8月12日の夕方だから2014年8月12日は29年
だと思うが、仏式の考え方で1985年が1年目となるのだろうか。

「生きているだけで丸儲け」とは、明石家さんまさんの座右の銘
とのことだが、実はこの機に乗る予定だったのが、収録が
たまたま早く終わり、予定を繰り上げたために難をのがれたと
いう。

この事故については、事故原因について、
疑念の声も強い。
これは私にはよくわからない。

坂本九さんと特定できたのは、笠間稲荷(茨城県)
のお守りが胸に刺さっていたからだという。

とりとめもないが、笠間は坂本さんの故郷ではなく、
疎開先であった場所であり、それほどまでに
九ちゃんが笠間に思いいれがあったことに、
今更おどろいてしまう。

とにかく、30年も前のことであるのに、そして、
自分の直接の知人が犠牲になったわけでもないのに、
この事故がまるで、昨日のことのように鮮明に
思い出せるのは何故だろうか。



坂本九さんは機内で何を考えていたろうか


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

卒婚とは (卒婚についての提案)


加山雄三さんがご自身の状態を卒婚といったことで、卒婚ということがまた話題になっています。

卒婚(そつこん)とは、杉山由美子さん著作の「卒婚のススメ」(2004年4月)で創られた言葉らしいですが、
考えてみると既に10年たってるんですね。

10年というとリーマンショックの前ですから、まだまだ世の中、豊かな感覚がありました。

このことは、卒婚を考える際に大事です。

何故なら、卒婚をするために重要なポイントとして、夫婦それぞれが経済的にもある程度の自立が
必要であるからです。

少し前に清水アキラさんが長野と東京で卒婚状態であることを話しましたが、経済的な自立はあり、
また実際に月に1週間から10日間は同居しているので、変形の単身赴任に近い感じさえします。

そして加山雄三さんの卒婚です。巨大な借金をかかえていてセレブではないと事あるごとに
おっしゃってはいますが、破産したわけではなし、庶民の感覚からすれば別の世界の人となります。

結局のところ別居するにも金がいるので、それぞれが独立しているという状態を満たさなければ
卒婚はできないのでしょうか?

おっこちゃんは、そうは思わないのですが、ここで先日書いたコタツとミカンとの共通点に
思い当たりました。

コタツとミカンでは、日本人になじみの深い、コタツとミカンが減少傾向にあることを書きました。

そこで、いきなりの推論ですが、卒婚についても、共通の傾向があると思います。

どのような傾向かというと、個人の趣味や価値観の重視、家族という形態の変遷がみられることです。

そして、この傾向はさらに加速していくのではないでしょうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Copyright © おっこちゃんのトレンドニュース All Rights Reserved.
おっこちゃんのトレンドニュース