So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ノーベル文学賞のカズオイシグロとノーベル平和賞のICANは日本と深い関係がある

IMG_0790.JPG

 

2017年10月6日、日本人に関係ある二つのノーベル賞の発表があった。

 

ひとつはノーベル文学賞の長崎市出身で英国人作家、カズオ・イシグロ氏である。

 

奇しくも原爆投下された長崎市出身で日本で生まれ5歳まで長崎で暮らしていたそうである。

 

両親は日本人だが、5歳から父親の仕事の関係でイギリスで暮らし、その後、イギリス国籍を取得しているが、本人も半分は日本人と言っている。

 

なお、作品はすべて英語で書かれているそうだが、読んでみたい作家である。

 

ちなみに出版社は増刷で忙しいらしい。

 

もう一つは、核廃絶運動のNGOに与えられたノーベル平和賞である。

 







スポンサードリンク









言うまでもなく、日本は唯一の被爆国である。

 

本当であれば、被爆国としての強いミッションがあるべきところであり、このノーベル平和賞を受賞するのは日本発の活動であって欲しかったところである。

 

しかし、残念ながら核兵器廃絶への意識は一般的にはこのところ弱まっているような気がしてならない。

 

原爆ではないが、福島の原発事故がダメ押しのように起こってしまってさえこの状態である。

 

ノルウェーのノーベル委員会は6日、2017年のノーベル平和賞を、核兵器の非合法化と廃絶を目指す国際NGOで今年の核兵器禁止条約成立に貢献した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与すると発表した。授賞式は12月10日にオスロで開かれる。(朝日新聞デジタル)

 

ICANは、核兵器を非合法化する包括的な条約をつくることをめざしてきたし、被爆した日本人の声を世界に届ける運動に取り組んできていて、その成果の一つとして、核兵器禁止条約の国連採択がある。

 

ただ、今年7月に核兵器禁止条約が国連で122か国・地域の賛成多数により採択されたが、日本はアメリカに遠慮して参加しなかった。

 

核兵器禁止条約に反対する核保有国や、米国の「核の傘」の下にある日本などの国々は、条約は国家間の分断を深めると批判してきた。条約の署名が始まった9月20日、ICANのフィン事務局長は米ニューヨークで「条約は道徳的に正しく、批判に強く耐えうるものだ。今は条約に参加しないことを選んだ国々も、いつでも歓迎する」と語った。(同 朝日新聞デジタル)

 

安倍総理も上記の理由(条約はかえって国際間の分断を深める)で参加しなかったと説明しているが、多くの日本人、特に被爆された方とその関係者は納得していない。

 

ただ、国連でこうした採択が行われたことを喜んでいるが、日本政府が他人行儀な対応をしていると感じているのではないだろうか。

 

国をあげて喜びたいところを、一点、曇りがあるような感覚だろう。

 

 今回のICANのノーベル平和賞については、政府はコメントを控えるとのこと。ちなみに政府とは首相官邸と外務省を指している。

 

安倍首相は「核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、核兵器のない世界の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」と強調しているが、では隔たりをなくすにはどうすればよいのか、それこそ廃絶目標の里程標などはあるのだろうか。

 

むしろ北朝鮮の脅威で、日本でも核を保有すべきだという議論も強まっている気がして不安でならない。

 

核の保有は明らかに自衛権を逸脱した憲法違反であるし、何よりも日本人の多くは核廃絶を望んでいる。

 

アメリカというよりトランプ大統領との関係かもしれないが、被爆国としてICANの受賞に対して、これまでの活動に対するお礼と受賞の祝辞を述べるべきだと僕は思う。

 

しかし、ネット上では批判の声も多く、その内容は「何もしてないのに受賞か」といったものだが、そんな声があることが残念でならない。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

*なお、今旬の衆議院総選挙では、原発稼働についても党によって主張が違います。

こちらに書いておりますので、お読みください。

衆議院議員総選挙2017とはなにかを登場人物のしおり的にかんたんに解説

 

 20171006 by okkochaan







スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © おっこちゃんのトレンドニュース All Rights Reserved.
おっこちゃんのトレンドニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。